pick up 楽しむ

『木はいいなあ』が教えてくれるのは、きっと誰もが感じたことのある木の心地良さ。【きょう、これよんで】

幸せは、すぐそこにあるのかも。そんな発見のある絵本を、紹介します。

今日という日に、 爽やかな風が吹いてくる!

ねえねえ、聞いて、木っていいねえ……。『木はいいなあ』が教えてくれるのは、きっと誰もが感じたことのある木の心地良さ。素直でおおらかなことばや絵に、心も体もすーっと軽くなります。

こんなふうに、すぐそこにあるものの素晴らしさを発見できたら、何でも「いいなあ」と思えそう!

子どものように日々成長し、親のような包容力のある木は、多くのことを語りかけてくれます。親子で、たくさんのいいものを見つけてくださいね。

本日の絵本「木はいいなあ」

作/ユードリイ、絵/シーモント、訳/西園寺祥子、発行/偕成社

木登りに落ち葉、木陰で広げるお弁当と、子どもが大好きな木についてのんびりと語り合うような絵本。読んだ後には木を見る目が変わります。

 

おすすめを、もうにさつ

『おおきなきがほしい』

文/佐藤さとる、絵/村上勉、発行/偕成社

木の上の小屋で、ホットケーキを焼いたり動物たちと遊んだり。みんなの夢がつまっています。小屋も窓からの景色も、何度見ても飽きません。

 

 

『木のうた』

作/イエラ・マリ、発行/ほるぷ出版

1本の大木と生きものたちの1年の移り変わりを表現した文字なし絵本。洗練された美しいグラフィックが、小さな子どもたちの心に響きます。

 

高橋 真生さん

絵本専門士、All About絵本ガイド。絵本紹介サイト「にこっと絵本」運営中。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧