pick up 暮らし

オキシ漬けの次にくるのはこれ! “まちぶせオキシ”とは?【家事芸人 松橋 周太呂のラク家事】

「家事えもん」でおなじみの家事芸人・松橋周太呂さんが、毎日の家事がぐっとラクになるコツを教えてくれるコーナー。今回は、オキシ漬けの次にくるアレについて、教えてもらいます。

*以下の記事も合わせてお読みくださいね。

 

きほんのオキシ漬け

まずは、オキシ漬けの方法をおさらいしましょう。

オキシ液のつくり方

❶湯船やキッチンのシンクなどに、40~50℃のお湯をためる。お湯を使うことで温度が上昇し、酸素がたくさん発生することで、より効果を引き出せます。

❷お湯4ℓに対し約30gの酸素系漂白剤を溶かす。

❸汚れを落としたいものを入れ、20分~6時間放置する(汚れの度合いによって調整する)。

 

オキシ漬けの次にくるのはこれ! “まちぶせオキシ”

ワイシャツの黄ばみや食べこぼしのシミ、靴下の泥汚れなどの家族の衣類の汚れは、洗濯カゴに放置され落ちづらい状態に…。

そんな時は、洗面台や洗面器に小さいオキシ液をつくって“まちぶせオキシ”がおすすめ!

帰宅したら、汚れた服をオキシ液に入れてもらうんです。30分~ひと晩つけ置いたら、オキシ液ごと洗濯機に入れて洗うだけ。これなら家族みんながやってくれるはず!

衣類の汚れ防止・洗濯機のカビ防止にもつながり、一石二鳥、いや一石三鳥?!のワザです。

 

※酸素系漂白剤を使用する際は、素材の注意書き・衣類の洗濯表示を確認し、目立たない部分で試してから使用しましょう。 また、耐熱温度の確認もしっかり行ってくださいね。

 

「家事えもん」こと
松橋 周太呂さん

吉本総合芸能学院(NSC)9期生のお笑い芸人。掃除能力検定士5級、ジュニア洗濯ソムリエの資格を取得し、家事大好き芸人としてテレビや雑誌で活躍中。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧