pick up 楽しむ

あやとりをしよう【親子ラボ】

東京タワーに富士山、ちょうちょ、ほうき… ひも1本で、どこでも遊べる「あやとり」。
寒い日のおうち遊びにもおすすめです。
国際あやとり協会会員の野口ともさんに、教えていただきました。

 

楽しみながら頭を鍛え、 忍耐力と想像力を養う遊び

意外にも、あやとりは日本だけのものではないそう。

「オセアニアを中心に、アフリカ、極北圏、南北アメリカの無文字文化の地域に多く残されていて、歌や物語つきのもの、動くものなど、いろいろな種類があります。

私が子どもの頃はテレビがなく、“富士山”のあやとりをしては、どんな山かしらと想像をふくらませてワクワクしていました。

今も、アフリカの“草ぶきの家”など外国のあやとりをすると、世界中を旅する気分になれるの(笑)。

あやとりは、楽しみながら頭が鍛えられ、忍耐力と、何より想像力が養われる素晴らしい遊びです。親子で『次はどんな形になるかな?』と、お話しながら楽しんでくださいね」

 

親子で ぺったん!あやとりおもちつき

 

【用意するもの】

ひも

※長さは子どもなら140〜160cm、大人なら160〜180cm程度で、太さ2mm程度の、すべりのよいひもがおすすめです。

左右に2人でかまえ、親指と小指にひもをかける

 

右手の中指で、相手のひもをとりあう

 

左手の中指で、相手のひもをとりあう

 

親指と小指のひもを外す

 

残ったひもをかけたまま、お互いに両手を広げる

 

遊んでみよう

2人の左手と右手を交互に合わせて遊ぼう


ぺったん♪

ぺったん♪

ぜひ親子で、お友達と、楽しんでみてね。

野口 ともさん

国際あやとり協会会員。テレビ出演やあやとりイベントでの指導、世話役などを務めている。著書:「親子で遊べるたのしいあやとり」(高橋書店)「かんたんあやとり」(主婦の友社)「はじめてのあやとり」(永岡書店)他。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧