pick up 暮らし

【ラク家事たまてばこ】水垢と焦げの落とし方は、いっしょ!

毎日こなしている家事が、ほんのちょっとのコツで楽しく、ラクになる! そんな暮らしのレシピを、「家事えもん」でおなじみのお笑い芸人・松橋周太呂さんが教えてくれます。

 

「水垢」と「焦げ」の汚れの種類は、同じ

掃除をする時、たとえば「シンク」「コンロ」など、場所別に掃除していませんか?実は、「汚れの種類別」に掃除すると、とってもラクなんです!というのも、汚れの種類が一緒なら、落とし方も同じだから。今回は「水垢」と「焦げ」の落とし方をお伝えしちゃいます。

実は、水垢と焦げって、どちらも「水分が蒸発してカルシウムが残った汚れ」なんです。カルシウム汚れの落とし方は、汚れに直接、重曹や歯磨き粉、クレンザーなどの研磨のはたらきのある洗剤をつけて、ラップで磨くだけ。

この時のポイントは「ラップ」を使うこと。スポンジを使いがちですが、スポンジだとせっかくの洗剤を吸収しちゃうんです。でも、ラップなら、研磨剤の効果を最大限に引き出してくれるんですよ。

 

使う道具

*ラップ(新品じゃなく、使用済みのものでOK!)

*重曹(粉のまま) or 歯磨き粉 or クレンザー

 

落とし方

①重曹など研磨のはたらきをもつ洗剤を、汚れに直接かける。

②丸めたラップで、ぐるぐる丸く・タテ・ヨコに動かして、汚れを磨く。

③水で洗い流すか、拭き取る。

 

実際に、やってみると‥‥

水垢と焦げを、それぞれ落としてみました。

水垢

一見きれいに見えるシンクも、よく見ると水垢がびっしり!!ここに重曹をつけて、ぐるぐるラップでこすると‥‥

一見きれいに見えるけど・・・

よく見ると、水垢がぎっしり!

ラップでくるくるこすってみて!

ご覧の通り、ピカピカに♪

 

焦げ

IHの焦げも、同じようにやってみると、こんなにきれいに♪

IHの焦げも、同じようにラップでくるくる。みるみると焦げが落ちていきます。

ぜひ、やってみてくださいね!

「家事えもん」こと
松橋 周太呂さん

吉本総合芸能学院(NSC)9期生のお笑い芸人。掃除能力検定士5級、ジュニア洗濯ソムリエの資格を取得し、家事大好き芸人としてテレビや雑誌で活躍中。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧