pick up 暮らし

おもちゃの収納【おかたづけ日和】

子育て家庭の収納の悩みといえば、色も形もさまざまなおもちゃ。
おさよさんちのおもちゃ収納のコツを教えてもらいました。

1.分類できないおもちゃは ざっくり定位置を決めて

おもちゃは基本的にボックスに分類して収納。でも、中には分類できないおもちゃも。そんな時は「1人1個のバスケットに入る分ならここに入れていいよ」と決めています。

 

2.リビングの遊び道具は、 「ケースに入るだけ」に

リビングに溢れがちな、折り紙・お絵かきグッズ・シールなどは、ソファ下のケースに。増えても「このケースに入るだけ」と決めることで、リビングはいつもすっきり。

 

3.悩んだらクローゼット内の 「見直しボックス」へ

成長して遊ばなくなったおもちゃ。でも、手放すのは…と子どもが悩んだら、一旦このボックスへ。一定期間が過ぎて「やっぱり遊ばなかったね」となれば、お下がりなどに。

おさよさん

8歳と6歳の2児のママ。整理収納アドバイザー・片付け遊び指導士認定講師。雑誌・TVに多数出演。著書「日テレ”スッキリ”公式本 キレイが続く片づけ」「おさよさんの無理なくつづく家事ぐせ」。

Instagram
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧