pick up マネー

読者の相談に、ママFPが家計診断!【ママFP 西山美紀のマネーレッスン】

今回のご相談はこちら

実母と子どもと暮らすシングルのママ。
「老後が心配で、もっと節約どころはない?」というご相談です。

【相談者のプロフィール】
ママ42歳・10歳(女の子)・実母78歳/ 購入一軒家(ローンなし)/車1台あり(車両ローンなし)

チェックポイント❶
保険をかけすぎると、家計を圧迫します。
必要最低限に 絞れるように、中身もしっかり確認しましょう。

チェックポイント❷
まずはここから数年先のお金が不足しないことが最優先。
人生は長いので、その後に老後資金の検討を。

チェックポイント❸
節約だけでは限界があるため、収入アップも 目指しましょう。
資格を活かせる仕事のリサーチを。

保険の過不足を見直しつつ 資格を活かせる仕事の検討を

「老後が不安で貯蓄をしたい」とお悩みです。野菜をつくるなど節約を意識し、家に月3万円入れるなどがんばっていますね。

ママの医療保険は掛け捨てで、死亡保障はなく、月5000円の保険料は割高かも。特約が多すぎないか確認を。ネット保険のシンプルなタイプなら、月2500円程度でもあるので、見直しをしてみてもいいですね。また、ママに万一の際にお子さんにお金を残すため、死亡保障の検討を。掛け捨ての定期保険(10年間、万一の時に1000万円)なら、月2000円弱で入れます。お子さんの医療保険は、自治体の医療費助成がある今は、優先順位が低め。その分を貯蓄にまわしたいところです。家のネット代もやや高めなので、契約期間が終わったら、ぜひ見直しをしてみてください。

学資保険で18歳時に200万円貯まるそう。しっかり準備していますね。大学進学予定なら、できれば+100万円以上準備したいところ。まずは月5000円、お子さん名義の口座に積み立てていきましょう。少しずつ積立金額を増やせたらベストです。

老後資金用に、個人年金かiDeCoが気になるとのこと。節税面ではiDeCoの方がお得度は高いですが、どちらも一度始めると途中でお金を引き出すことが難しいので、今はちょっと待って。まずは預貯金アップを優先させましょう。お子さんが18歳ごろ(ママが50歳ごろ)から、iDeCoを始めても遅くないと思います。

今は事務職ですが、以前は社会福祉士として働いていたそう。資格を活かし、手取り20万円など、収入アップが見込める転職先がないか、ぜひリサーチしたいですね。

西山 美紀さん

ライター、FP(ファイナンシャルプランナー)。All About貯蓄ガイド。男の子と女の子、2児のママ。『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)が好評発売中。新刊『はじめての積立投資・つみたてNISA・iDeCoもよくわかる! お金の増やし方』(主婦の友社)も発売!

ライター&FP西山美紀のお仕事×子育てブログ
Twitter @writerN1225
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧