pick up 子育て

母子分離【子どものココロ】

筑波大学教授の徳田克己先生が、ママの子育てに関する悩みに答えてくれるコーナー。
今回のママの悩みは、「母子分離」です。

息子は4歳です。朝、幼稚園バスのお迎えが来て「バイバイ」すると、急に大泣きするので私も泣きたくなってしまいます…。入園が早すぎたのでしょうか。
入園シーズンは親子ともども、緊張と不安があるもの。親からは「担任が若い先生で不安」「幼稚園から帰ってくるとワガママになる」「子どもが園の様子をあまり話さなくて心配」など、園生活への不安を訴える相談が多くなります。なかでも最も多いのが「子どもが登園時に泣く」という相談です。

子どもが登園時に泣くのは 親の愛情をたっぷり受けた証

バス停で泣いているのはわが子だけ…そんなとき、ママは自らを責めたり、子どもを叱ったりしてしまいがちです。

実は、入園前に親から愛情をたっぷり受けて育った子どもほど、家庭から外の社会への適応には時間がかかります。「いやだ!」と泣く子どもは、園がいやなわけではなく、大好きな家族、特にお母さんと離れるのがいやなのです。それは、愛情を十分に受けて育った証です。

その意味では、園に行くのをいやがったり、慣れるのに時間がかかったりするのは、決して悪いことではありません。園の先生たちもそう思っています。

 

お母さんと離れることに慣れ 少しずつ泣かなくなります

お母さんと離れて不安になることを「母子分離不安」と言います。不安が強い子どももいれば、そうでもない子どももいて、いろいろです。

お母さんと離れて泣く現象は、4月の半ば頃までに徐々に減っていきます。「お母さんと離れても怖いことはない、園にいても安心だ」とわかってきて、適応していくからです。ただ、ゴールデンウィークや夏休みの後は、再び不安が強くなり、泣く子どもが増えます。

「泣く子どもを無理に行かせていいの?」と悩むかもしれませんが、園に通うためにお母さんと離れるのは、子どもに無理をさせているわけではありません。子どもの心の発達のために必要な体験です。むしろ、この時に過保護に接し、園バスに乗せないでお母さんが子どもを送って行ったり、お休みさせたりするのは、子どもの適応を妨げることになります。

 

親はどっしりと構えて 子どもを応援し続けましょう

では、子どもが泣くときはどうすればいいのでしょうか。「パパとママはいつも僕(私)を守ってくれている」と子どもがしっかり感じとれるように、応援し続けてください。

そして、子どもがどんなに泣いても、園バスには乗せてください。「子どもは今、園に慣れようとがんばっているんだ」と考えて、あとは、母子分離のプロである先生たちにまかせましょう。

子どもが心配だからといって、子どもを叱りすぎたり、指示しすぎたり、また、先生にいろいろなことを要求したりしないでくださいね。どっしりと構えて、子どもを見守りましょう。

 

 

筑波大学 医学医療系教授
教育学博士 臨床心理士
徳田 克己先生

子どもたちが笑顔で生き生きと過ごせることをめざし、研究・実践に取り組む。幼稚園や保育所、子育て支援施設を回り、発達相談に応じている。
最近はディズニー映像の教育的効果や「クレヨンしんちゃん」の分析などの実践研究を手がけている。保護者を対象にした講演会や「お父さん講座」なども好評。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧