pick up レシピ

さつまいものどら焼きをつくろう【ものがたりごはん】

絵本に出てくる、おいしそうな料理。

絵本を読んでたら、食べたくなっちゃった、あの料理。

親子で絵本を読んだら、さらにものがたりの世界に飛びこんでみませんか?

今回ご紹介する絵本は「おいもさんがね」。

栄養士・食育料理研究家の石橋玲子さんとお子さんたちが

さつまいもあんのどら焼きをつくりましたよ。とっても、おいしそうです!

本日の絵本「おいもさんがね」

とよた かずひこ さく・え
発行:童心社

おいもさんたち、じめんから顔をだしました。つるを力いっぱいひっぱったら…「すっぽーん!」ごろごろ坂をころがって、水におちてしまいました。「ひゃ~つめたい」そこへ“ぽっぽっぽっ”とやってきたのは……?

 

子どもたちは大笑い!

「あ!おいもさんが自分から出てきてる、おもしろ~い!」と、最初のページから子どもたちは大笑い。おいもさんがブルブル震えるシーンでは、娘が体をよじって笑っていたほど。

読み終わったら、「もう一回!」の大合唱でした。

今回は定番の焼き芋やスイートポテトではなく、さつまいもを使ってどらやきをつくってみます。

どら焼き、家でもつくれるんですよ。ぜひ、つくってみてくださいね。

 

さつまいものどら焼き

材料(直径約7cm、8個分)

<生地>

  • 卵……2個

(A)

  • 砂糖……60g
  • はちみつ……20g
  • みりん……大さじ1

– – –

  • ベーキングパウダー……小さじ2/3
  • 薄力粉……90g
  • サラダ油……適量

<さつまいもあん>

  • さつまいも……200g
  • リンゴジュース……50cc
  • ハチミツ……小さじ1~
  • リンゴ……1/2個
  • リンゴジュース……大さじ2

つくり方

1.リンゴは芯と皮を除いて1cm角に切り、リンゴジュース(大さじ2)を加えて柔らかくなるまで煮る。

2.さつまいもは厚く皮をむき、水にさらして灰汁を抜く。鍋にさつまいもがひたひたになるまで水を入れ、柔らかくなるまで煮る。柔らかくなったら湯を捨て、潰す。

3.潰したさつまいもに、リンゴジュースとハチミツを加えてよく混ぜ、1を加え混ぜる。さつまいもあんの完成。

4.生地をつくる。卵にAを加えてよく混ぜる。ベーキングパウダー・薄力粉をふるい入れ、よく混ぜたら15分ほど生地を休ませる。

5.フライパンに薄く油をひき、生地を大さじ1杯ずつ流し入れ、ホットケーキの要領で両面を焼く。

6.焼き上がった生地は乾燥しないように冷まし、2枚の生地で8等分した③のあんを挟む。

※ハチミツを使用しているので、1歳未満の赤ちゃんにはNGなレシピになります。仕上がりは違ってきますが、ハチミツを砂糖に置き換えることは可能です。その際、砂糖はハチミツの1.3倍の分量でつくってください。

ポイント

*リンゴジュースを加えることで、よりしっとりとした仕上がりになり、生地とのなじみもよくなります。

*通常どら焼きは、水で溶いた重曹(食用)を加えてつくります。今回は重曹より身近であろうベーキングパウダーでつくってみました。重曹でつくる場合は、重曹小さじ1/3・水小さじ1でできます。

*ちなみに、出来立てよりも、1日置いた方がしっとりなじんでおいしかったです♪

石橋 玲子さん

2児の母で、食育料理研究家、栄養士、エコクッキングインストラクター。小中学校の栄養職員から料理教室講師へ。モットーは「食べる力は生きる力」。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧