pick up 楽しむ

お家にあるものが、おもちゃに変身♪ 親子で工作に挑戦してみよう【親子ラボ】

ものさしは必要なし、ぜ~んぶ「だいたい」でOK。うまくできなくても、なんとかなっちゃう。親子で自由に工作を楽しんじゃいましょう。

工作を通して、物を大切にする 心も伝えてほしい

不器用で工作とかムリ…というママに、久保田先生はこう話してくれました。

「番組の視聴者からのお便りでも一番多かったのが、テレビみたいにうまくできない、というものでした。

でもね、工作は見た目じゃないんです、大切なのは過程。『ママ、テレビとちがうよ~!』『いいのよこれで!』とか、子どもといっぱいおしゃべりしながらつくってほしいです。

それに僕の工作は測らなくていいし、うまくできなくても何とかなるものばかりだから、失敗はありません(笑)。

あとは工作を通して、子どもに物を大切にする心を伝えてほしいなぁ。普段は捨てちゃう牛乳パックや食品トレイを、最後まで使い切って楽しむ。工作ってエコなんですよ」。

なるほど、それならできそう♪ さっそく挑戦してみましょう!

 

くるくる回転シャワーをつくってみよう!

材料・道具

はさみ、ビニールテープ、鉛筆、画鋲、牛乳やジュースの紙パック、たこひも2本、曲がるストロー4本

つくり方

① 紙パックの上部を開いて、はさみで切り落とす。

紙パックの下の右はしに、穴をあける。画鋲でさした後、鉛筆で穴を広げてストローが通る太さにする。4つの面それぞれ同様にする。

③ ②の方法で紙パックの上の真ん中に穴をあける。向かいの面にも同様に穴をあける。

ストローの曲がる方の先に、はさみで切りこみを入れる。切りこみ部分を指で軽くおさえて先を細くし、ビニールテープで巻く。

⑤ ②の穴に、それぞれストローをさしこむ。

⑥ ③の穴にたこひもを通し、結んで留めて、もう1本のたこひもを通す。

完成!

造形アイデア:ヒダ オサム

この記事は2016年8月号クルールに掲載したものに加筆修正したものです。

久保田 雅人さん

1989年4月から2013年3月までNHK教育テレビの子ども向け工作番組「つくってあそぼ」の「ワクワクさん」として出演。赤い帽子と黒メガネのコミカルなスタイルで、上手に工作をするキャラクターとして大人気に。現在も工作の楽しさを伝えるべく全国で活動中。

くぼたまさと・どっとこむ
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧