pick up 暮らし

【バースデー検診のすすめ】ママも年に一度は自分の体に向きあって

誕生日には検診を。

ママも年に一度、誕生日に検診を受けませんか?

息子が3歳になる直前に

バセドウ病と診断された涼子ママ。

急きょ、子どもを入園させて

治療と休養に専念することに…。

涼子ママが病気になってから

変わったこととは?

子どもが小さいのに困る!当初はすごく焦りました

息子が3歳くらいの時、お腹の調子が悪く一日に何度もトイレに行くことが続き、風邪で受診したついでに相談してみたんです。先生に喉が腫れていると言われ、血液検査を受けたところ、バセドウ病と診断されました。

バセドウ病は心臓疾患を合併することもあると聞いて「子どもが小さいのに困る!」と焦ったけれど、調べてみたら、きちんと治療すれば大丈夫とわかって安心。ただ、通院する病院は車で片道1時間かかります。息子はちょっと言葉が遅かったので心配でしたが、すぐ幼稚園に入園させて、私は治療と休養に専念することにしました。

 

私の身に何かあれば、自分も家族も大変なことになる

私もそうだったけど、病気はなってから「確かに変だったな」と思い当たるもの。特にママは、育児疲れのせいと見過ごしてしまいがち。何か気になることがあったら、病院でチェックしてもらうといいと思います。

発病から10年以上経ちますが、バセドウ病は完治しないので、今も一日おきに服薬し、年に一度は検査を受けるようにしています。昔はあれもこれもと家族のためにがんばっていたけど、病気になってからは無理をしません。私の身に何かあったら、自分も家族も大変なことになるとわかったから。ママに一番大事なのは、ママの健康ですよ。

 

女性に多いバセドウ病って?

バセドウ病は甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気で、罹患率は女性が男性の4倍以上となっています。主な症状は、甲状腺(喉ぼとけのすぐ下)の脹れ、動悸、眼球突出、手指の震え、疲れやすいなど。気になる症状があれば、内科、内分泌内科を受診しましょう。
参考:一般社団法人日本内分泌学会

涼子ママ 
Ryoko Mama

21歳、15歳の姉弟とご主人の4人家族。20年以上続けている手話がライフワーク。地域で手話ボランティアの活動もしています。

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧