pick up レシピ

【子手伝いのすすめ】こねこね、ぺたぺた。ハンバーグには子手伝いがいっぱい!

お手伝いにならなくてもOK。
親子で料理するのが楽しいんだ。
-それが“子手伝い”―

パパ料理研究家の滝村さんが、
滝村家の子手伝いの模様をレポート。

今夜、さっそくわが家でもやってみませんか♪

お家レストランの代表 ハンバーグ

子手伝いといえば、ハンバーグ。

ひき肉をこねる、形をつくる。
小さな手からこぼれるタネがほほえましい。
男の子は星型、女の子はハート型にチャレンジしよう。

「すごくおいしい!」

パパのひと声に、目をキラキラ。
そう言われるとまたつくりたくなるのは、大人も子どもも同じ。

お店もいいけれど、親子でつくったハンバーグがあれば、毎日お家がレストラン。
さて、次の開店はいつにしようかな。

ハンバーグのタネを、こねこね。手も大きくなってきたね。

 

手に少し油を塗って、形を整えます。ぺたぺた。これは誰のハンバーグ?

 

レシピ 「卵・牛乳不使用の子手伝いハンバーグ」

・子手伝い…ハンバーグをいっしょにこねる
・アト辛大人味…タバスコ

材料(4人分/調理時間約 30分)

牛・豚合挽き肉……………300g
塩…………………………小さじ1/2
玉ねぎみじん切り…………1/2個分
粗挽きこしょう・ナツメグ……少々
豆乳…………………………40cc
パン粉………………………1カップ
オリーブオイル…………大さじ1/2

ハンバーグソース
A:バター………………大さじ1
B:玉ねぎみじん切り…1/2個分
C:白ワイン………………50CC
D:
塩・粗挽きこしょう………少々
ケチャップ・ソース…大さじ2

つくり方

1.ボウルに、肉と塩を入れてこねる。タネ用玉ねぎ、粗引きこしょう、ナツメグ、豆乳、パン粉の順に加えてこねてタネをつくり、食べる数分等分する。

2.手に油(分量外)を塗り、1のタネを平らに形を整える。

3.フライパンを熱しオリーブオイルを入れ、タネの真ん中をへこませて入れて強めの中火で焼く。底に焼き色が付いたら、ひっくり返して蓋をし、弱めの中火で4分弱ほど蒸し焼きに。竹串を刺して赤い肉汁が出なければOK。皿に盛り付ける。

4.3のフライパンにAを溶かし、強めの中火でBを炒めしんなりさせCを加え、Dを入れて混ぜ炒め、ハンバーグにかける。

 

(この記事はクルール2014年4月号に掲載した記事に加筆・修正したものです。)

パパ料理研究家
滝村 雅晴さん

パパ料理研究家、株式会社ビストロパパ代表取締役。内閣府食育推進会議専門委員。「パパが料理をすることで、家族が幸せになる」世の中づくりのために活動。著書に「ママと子どもに作ってあげたいパパごはん」マガジンハウス、「パパ料理のススメ」赤ちゃんとママ社など。

ブログ「ビストロパパ~パパ料理のススメ~」
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧